個人事業主として成長するには

個人事業主と言うと最初のうちはあまり仕事もなく、昼間から暇になってしまう自分の立場を堂々と名刺を出して言うことができないこともある。そのような引け目を持っていると自分に自信もなくなり、プライドも保てなくなってしまう人間もいるだろう。
では個人事業主が仕事や立場を堂々と名乗れるように何が必要かというと、やはり一番最初に出てくるのは「いくら稼いでいるか」ということである。報酬を得ているということは会社や世間から自分が需要のある人間という証明にもなり、自信にもつながってくる。まずは何よりも個人事業主は稼ぐことに対してがむしゃらにならなければいけないだろう。そのためには自分一人の力だけではどうしても限界が出てくる。個人のマンパワーには限りがあるので効率よく自分は生産性の高い仕事に従事できる環境を作らなければいけないのである。営業は一番最初に取り組むべきことだが、一件の仕事を効率良く得るためにはクラウドソーシングサイトやSNSで営業をかけると効率も良い。そしてアルバイトを雇うというのも生産性を上げる事には繋がる。事務連絡やデータや資料の収集、入力作業など単純作業を任せてしまい、自分がフリーになれるようにするのである。アルバイトの経費は最初は痛いが後々の投資と考えてアルバイトを使えるようになることを目標にするのだ。そうすれば自ずと仕事もどんどん受けられるようになり、収入が増えフリーランスとしても自他ともに認める一人前になれるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です